未分類

下取りと買取の違いをシミュレーションしてみよう

自動車を買い替えるときに古い車をどうするのかは、人によって異なる対応をするでしょう。ですが、主な検討対象となるのは、下取りと買取ではないでしょうか。廃車にするのは、よほど車の状態が悪い時だけです。そして、普通に今まで乗っていて状態が悪くないのであれば、よほどのことがない限り下取りでも買取でも、値段をつけてもらうことができます。ただし、それぞれの方法によって、受け取れるお金には違いが生まれます。一般的に、下取りに比べると買取のほうが高い値段が付くという違いがあります。
どうせならば、少しでも高い値段をつけてもらった方が、新しい車を購入するためにかかる費用を節約することができます。また、車に今後は乗らないという方でも、そのお金を貯蓄したり趣味に使用したりと、有意義に使うことが可能になります。したがって、自分が現在載っている車をどうするのかを考える上では、下取りや買取でつけられるか可能の違いをシミュレーションして、具体的な金額を算定してみることをお勧めします。そうすることで、一番高い値段がつけられた手段を利用して、古い車を手放すことで、一番得をすることになります。そのためにも、シミュレーションをすることが大切なのです。
では、どのような手法でシミュレーションすればよいのかというと、実際に査定をしてもらうことが、一番正確なシミュレーションです。下取りの場合は、実際にディーラーで車を見てもらって、どのくらいの値段がつけられるのかを見てもらうこととなります。これは、購入予定の場所で見てもらうとよいです。
一方、買取の場合はたくさんの業者があるため、どの業者が最も高く買取りをしてくれるのかを見るためには、原則としてそれぞれのお店に実車を持ち込む必要があります。ただし、最近は、インターネットで簡単に査定を出してもらうことが可能です。年式や車種、状態等を入力することで、最新の情報を知ることができます。それを複数の買取店のサイトで調べれば違いが分かり、最も高いところを見つけることができます。
より簡単なのが、一括サイトを利用する方法です。一括サイトでは、登録している業者が、それぞれ見積もりを出してくれます。一度の申し込みだけで複数の価格の違いがわかるため、手軽な手段です。
以上の方法で、下取り価格と買取価格の違いを比較し、最も高いところに引き取ってもらえば得をします。おそらく下取りよりも買取のほうが高いですが、ディーラーによっては、お得意様に対しては高い値段を出してくれることもあります。

コメントを残す