未分類

事故車や故障車は買取前に修理が必要?

事故車や故障車などは一度修理に出してから買取の依頼をしないと損をすると思われていますが、実は逆なのです。もちろんそのまま買取に出すと、修理にかかる費用分は差し引かれるので損をしているように見えますが、買い取ってもらう前に、自分で修理に出してしまう方が高くかかってしまいます。
事故車の場合は本来修復しなければいけない個所を直すだけに限らず、古くなった部品を交換したりなど、現在は修復する必要のない個所も合わせて直っていることもあります。ましてや車両保険を適用して行う場合は、保険の予算内で修復が必要な個所以外も直っているので、どの部分まで修復されたのか自分では分かりません。
故障車についても同じで部品交換などに費用がかかりますが、その他には作業を含めた人件費などもかかる上に修理工場側の利益も含まれるので、実際にかかる費用は高くなります。
事故車であっても、故障車であっても、買取に出す時は修復する必要のあるところが分かっても、自分から事前に修理には出さない方が良いのです。実際に車が買い取られてから買取業者の方で修復する個所については、必要最低限の個所のみとなり、自分から手配をかけた分の費用よりはかかる料金は安くなります。
事故車や故障車は壊れていたり、損傷しているところがあっても買取に出すことが出来ます。しかし一般の車買取とは違って故障車などは自走できない車もあったりするので、買取金額は低くなります。事故車についても修理をすれば自走できるものもありますし、買い取られても走行不可の場合であれば、その価値は下がってしまいます。
しかし事故車や故障車については、走行不可の状態でも買い取られてからの利用先が決まっているので、買取をしてもらうことが出来ます。走行が出来なければ解体処分されることになりますが、解体したのちに今後の自動車製造に必要となる部品としての供給が出来るので、需要があることになります。
修理をしたら走ることの出来る状態であれば、再び中古車市場で売ることが出来ます。海外への販売先を持っている買取業者の場合、こうした車でも積極的に買取を行い高い値段で買い取ることも出来ます。こうした販売先を多く持っている業者を探すには、一括査定を受けて価格を比較してから、金額が高いところを見つけることで可能です。
事故車や故障車を買い取ってもらう場合は自走出来ない状態なので、引き取りに来てもらうことになりますが、運搬にかかる費用は売る側が負担することなく無料で行えるので安心して車を売ることが出来ます。

<オススメサイト>
車売りたい人必見
【車査定マニア】
http://nikemashup.com/